野球

【草野球グラウンド解説】関西:歌島運動場(大阪市西淀川区)

2020年1月5日

れってぃ係長

こんにちは。野球歴25年、草野球チームの副キャプテン(ポジションはキャッチャー/センター)のれってぃ係長@retty_blog)が、野球のグラウンド解説をします!

今回は大阪市西淀川区御幣島にある「歌島運動場」です。

※撮影日&試合日:2019年12月

こんな人におすすめ!

・草野球チーム、少年野球チームの代表・庶務の方

・このグラウンドで草野球の試合をする予定がある選手・マネージャーの方

歌島運動場のポイント

レフトに高いフェンスがあり、右中間方向は間を抜かれたり、越されたりすると3塁打以上が確定する

・捕手、内野、外野ともにファールゾーンが非常に狭いのが特徴(サード・ファーストはラインを閉めてそれ以外は真ん中よりを守る)

・守備位置をかなり割り切る必要あり

右打者は無理に引っ張っらずに流す

ランナー打球判断が重要(外野手が深くポテンヒットが出やすい)

相手の守備を観察して作戦を実行

・車以外はアクセスが割と不便

歌島運動場 概要(利用料金・センター/両翼・土芝)

【利用料金】
1面使用 2時間で3,000円(※ナイター1面使用 2時間で18,000円)

※休日に2チームで2時間試合をした場合
1チーム負担金=1,500円 当日9名参加した時の割勘:167円/1名

【大きさ】
レフト約80m、センター∞(2面球場のため)、ライト∞(2面球場のため) 

【形】
1つの運動場で2面で野球ができます。センター部分がもう1面のセンターと被ってきます。
レフトはどちらの面も約80m程でフェンスは非常に高く柵越えは不可です。
センターとライトは抜けたり越されると永遠にボールを追うことになります。

【土/芝】
全て白土

歌島運動場 アクセス(住所・TEL・駐車場・最寄駅)

【住所】
〒555-0012 大阪府大阪市西淀川区御幣島5-7 歌島公園内

【TEL】
データなし

【駐車場】
29台(1時間ごとに350円、土日祝最大1,800円)
大概、空いています。おそらく土日に使用しているのはほぼ草野球関係者。

【最寄駅】
JR東西線「御幣島」駅 から徒歩1.0km(約12分)
JR東西線「加島」駅 から徒歩1.2km(約15分)
JR神戸線「塚本」駅 から徒歩1.8km(約22分)
※歩けなくはないですが、重い野球道具を持っている場合や真夏は厳しいです。車持ちメンバーができるだけ、迎えにいってあげましょう。

歌島運動場 特徴

典型的な2面球場。どちらの面になったとしても、レフトに高いフェンスがあり、右中間方向は後ろが無い。

つまり右中間方向で間を抜かれたり、越されたりすると3塁打以上が確定してしまうバッテリー・外野手泣かせの球場。


それに対して捕手、内野、外野ともにファールゾーンが非常に狭いのが特徴。

守備位置をかなり割り切る必要あり。土も白土で晴れた日はスパイクの歯によく噛む印象はなく、滑る時もある。

駐車場側が「1面」で、ナイター用の照明がある方が「2面」と呼ぶみたいです。

ベンチはかなり狭く、草野球の10名レベルでも攻撃時は狭い(まぁ草野球のグラウンドではこれが当たり前ですが・・・)


マウンドは一応山というか傾斜はついていますが、ほぼほぼ平らで、投手によっては投げにくい(角度がつきにくい)と思います。

ちなみにトイレは駐車場側(1面または)であればホームからすぐ。

グラウンド整備道具が非常に少ないので、いつもより少し早めに試合・活動を切り上げる必要がありそうです。
住宅・工場が多い地域で、車がないと割とアクセスが不便。

作戦の立て方・メンバーの組み方(守備編:ポジション別)

【投手】


マウンドが低いためアップの際に調整を。
キャッチャーの後ろは狭いため、暴投しても進塁はされにくい。

低めに落ちる変化球をうまく使って長打を防ぎたい。左打者の引っ張った良い当たり=即、長打になるため左打者に力を入れて投げたい。

【捕手】


相手打線をよく観察すること。特に何番に左打者がいるかがポイント。
右打者が続くようならピンチで無理しなくてもOK。


右打者はいくら引っ張ってもレフトは10mを越えるフェンスがあり、上手く処理すれば長打にはなりにくい。

バックネットまで距離が近いので低いボールも慌てずに処理をすればOK。
センター・ライトの守備位置を指示してあげる。

【内野手】


右中間方向の打球が長打になりやすいため、セカンドの総合的守備力が必要。
セカンドは右中間の打球は基本的に深くまで追って外野手をカバーする(同時に肩の強さが必要)

ショートに関してもおそらくセンターが右中間方向に意識がいっているため、左中間方向は深くまで追い、レフトと連携して深くまで追う。

セカンド・ショートがこのためある程度深く守る必要があるため、サード・ファーストはそのカバーにあたる。
      
サード・ファーストはボテボテのゴロは全て自分で処理したい。
外野手がライン際はある程度捨ててポジショニングするため、サード・ファーストはベースの近く(ライン際を閉めて)で守り、ライン際を抜かれる2塁打を防ぐ。

【外野手】


センター・ライトには守備力が高い(足が早く守備範囲が広い、肩が強い)選手を配置する。
越えられたり、間を抜かれると3塁打以上になる可能性が高いので、基本的に深く守り、ランナー無しの場合のポテンヒットは諦める。

ファールゾーンが狭いので、ライン際の打球よりも左中間・右中間の打球に意識を置く(レフト・ライトはいつもよりセンターに近い所を守る)

当たり前だが、風の確認もこまめに行う。
センターは外野手がどの位置に守っているか全体に伝えること。

センター中心に守備全体のポジショニングを調整したい。

作戦の立て方・メンバーの組み方(攻撃編)

長打が出やすい右中間方向の打球を飛ばしたい。

相手ピッチャーが右投げなら、左打者を多く置いて引っ張る意識を持つ。逆に右打者は素直にセンターから逆方向を意識する。
右打者が引っ張った所でレフトに10m級のフェンスがあるので、ランナーの進塁には繋がりにくい。

おそらく相手内野手はライン際である程度深く守ってくるはずなので、揺さぶるようなセーフティーバント(サード・ピッチャーの間など)を狙うのもあり。

外野手も深く守ってくるはずなので、ポテンヒットが出やすい。ランナーはフライが上がった時やライト前ヒット(1塁から3塁に行く時)の打球判断が非常に重要ランナーコーチ・ベンチの指示の声も

相手の守備がこの特殊なグラウンドに合わせてどのようなシフト(ポジショニング)を敷いているかを相手選手の守備能力と合わせて良く観察して作戦を考えたい。

まとめ(もう1度ポイント整理)

ポイント

・レフトに高いフェンスがあり、右中間方向は無抜かれたり、越されたりすると3塁打以上が確定

・捕手、内野、外野ともにファールゾーンが非常に狭いのが特徴(サード・ファーストはラインを閉めてそれ以外は真ん中よりを守る)


・守備位置をかなり割り切る必要あり


・右打者は無理に引っ張っらずに流す


・ランナー打球判断が重要(外野手が深くポテンヒットが出やすい)


・相手の守備を観察して作戦を実行


・車以外はアクセスが割と不便

  • この記事を書いた人

れってぃ係長

32歳男 | 関西在住 | 社会人10年目 | 自動車業界某大手企業の係長 | 免許の色はゴールド | 【趣味】野球・スノーボード・車 | このサイトでは「合宿免許」や「免許取得後のカーライフ」のお役立ち情報を発信中!

おすすめ記事

1

合宿免許気になるなぁ~良さげやん!メリット多そうやし! 免許取りたい人 れってぃ係長 れってぃ係長もおすすめです!合宿免許の大きなメリットといえば、「安さ」と「早さ」ですね! でも・・・どこの教習所に ...

2

合宿免許の教習所を色々見て、調べてるけど・・・結局どれが良いか分からへん! 免許取りたい人 れってぃ係長 確かに合宿免許ができる教習所は全国にたくさんあるから迷ってしまいますよね。 「ここに入校してお ...

3

合宿免許行きたいけど、結構まとまったお金が必要だなぁ~ 免許取りたい人 れってぃ係長 そうですね・・・全国の相場は大体20~25万程度、人気の時期は25~30万が相場です。 できれば、安く済ませたいな ...

-野球
-, ,

© 2020 合宿免許おすすめマスター Powered by AFFINGER5